キャッシングカードとクレジットカードの違い

キャッシングカードというのはキャッシングを利用する際に必要となるカードであり、消費者金融や銀行のキャッシングに申込をして審査に通過した場合にカードを発行してもらい、そのカードを利用して指定された限度額までならば自由にお金を借りる事が出来ます。お金はあくまでも一時的に借りるだけなので決められた期日までに返済をする必要があり、その際には借りた金額だけでは無く、それに利息をつけた上での返済をする事になります。返済については基本的にはリボルビング払いとなっていて、毎月少しずつお金を返済していきますが、返済に余裕があれば繰り上げ返済をして支払う利息を減らす事も出来ます。

一方、クレジットカードの場合は買い物をする際にクレジットカードに対応しているお店でカードを利用する事で、一時的に信販会社にお金を立て替えてもらう事が出来るようになっています。キャッシングカードの場合は現金を借りるのに対し、クレジットカードの場合は買い物の際に立て替えてもらう機能となっているので、買い物用途に限られるうえにカードに対応していない場合は利用する事は出来ないです。立て替えてもらった代金についてはキャッシングの場合と同じように指定された返済方法に従って利息を付けた上で返済をします。

どちらも一時的にお金を借りる事になるのでその場にお金が無い場合に便利ではあるのですが、借りたお金は返済する必要があるので計画的に利用しないと返済出来なくなって大変な事になる事もあるので扱い方には注意が必要です。

関連記事